TEL. 03-5475-8777

WEB予約 WEB予約

WISDOM親知らず

口腔外科

「親知らずの抜歯は大学病院やお近くの総合病院で受けてください」と言われ、治療してもらえなかったという経験はございませんか。

親知らず

親知らず治療イメージ

親知らずについて

親知らずは、一番奥の狭いスペースに、横や斜めに生えることが多いので、汚れ(プラーク)がたまりやすくトラブルになりやすい歯ですが、太い神経や血管と近接していることも多いため、抜歯をする際は的確な診断をするための設備が必要不可欠です。

親知らずの生え方

親知らず治療イメージ

まっすぐ生えるケース

親知らずがまっすぐ生えていて、上の歯と噛み合っているのでちゃんと磨ければ残せるケースです。

親知らず治療イメージ

水平埋伏のケース

親知らずが横を向いて埋まっていて隣の歯が虫歯になったり、清掃性が悪いために炎症を起こして腫れてしまうリスクが高いために抜歯をしたほうがいいケースです。

親知らずは抜いた方が
良い?

親知らずが生えてくる場所は歯ブラシが届きにくいので、細菌が繁殖しやすく、虫歯になりやすいです。

親知らずが無理に生えてきて隣の歯を圧迫していたり、痛みがある場合や、衛生面でトラブルを引き起こす可能性がある場合は、抜歯をした方が良いケースが多くなります。

また、親知らずが生えてきてもトラブルを起こしていなければ、抜歯をする必要は
ありません。

親知らず抜歯後の痛みや腫れについて

親知らず治療イメージ

親知らずだから必ず抜歯後は腫れるなどということはありません。

また、的確な診断とプランニングで効率的に抜歯を行うことで、周りの組織の侵襲を少なくすることが腫れや痛みを少なくする重要なことだと思います。

痛みの感じ方に個人差はありますが、術後お渡しする痛み止めでほぼ改善されますので、ご安心ください。

まずはCTで的確な診断を

親知らず治療イメージ

当院では、最新のCTの機械を備えており、歯の位置や状態を三次元的に把握することができるので、親知らずの抜歯であっても的確に診断でき安全に治療を受けていただくことができます。

親知らずを抜く際は周囲の骨を削るのが一般的ですが、当医院では極力骨を削らずに抜くことを心がけています。

また、口腔外科で診療していた経験もございますので、様々なケースに対応させていただくことができると考えております。