TEL. 03-5475-8777

WEB予約 WEB予約

IMPLANTインプラント

インプラント

当院では解剖学的な立場からご自身の歯を残せれば、残すのが一番と考えており、ご自身の歯が保存不可能と判断した場合にのみ、インプラント治療をお勧めしています。

インプラント治療とは

インプラント治療イメージ

人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。
入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で強い力で違和感なく噛むことができるようになります。
また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

当院のインプラント

「自分の歯」というものが一番大事ですので、小手先の技術でなく基本に忠実な治療を行い、患者様ご自身の歯を残すことを第一に考えています。また、患者様の負担にならないよう、最短の通院回数で治すよう効率良く行うことが、良い治療につながると考えています。

当院では、1回の治療時間は最低でも30分、できれば1時間とって治療を施し、改善に向かって確実に前進できるような体制を心がけています。

しかし、精一杯治療を施しても、どうしても歯を抜かなければならないケースもあります。そのような場合でも、入れ歯やインプラントに対応しますのでご安心ください。私の専門分野は外科治療で、インプラントの症例も多数手がけてきました。インプラント治療においては、まずは、患者様のお口の中が、インプラント治療が可能な状態かどうかしっかり精査した上で行っています。

骨がなく治療を断られた方へ

インプラント治療の流れ

インプラント治療

事前検査

インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内模型検査などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。

インプラント治療

治療開始

お口の中が清潔で炎症のない状態であることが確認したうえで、治療を開始します。 局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。様々な条件によって期間が異なりますが、2ヶ月~半年が目安となります。

インプラント治療

人工歯の装着

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

インプラント治療

上部構造を装着

インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。

インプラント治療

メンテナンス

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要があります。インプラントのネジの締まり具合を点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。
また、インプラントは虫歯にはなりませんが、メンテナンスを十分に行わないと歯周病にかかることがあります。

峯歯科の6つのこだわり

インプラント治療のイメージ

患者様の大切な歯を守る

大学院で解剖学を学んだ経験上、自分の歯を残せれば、極力残すのが一番です。まずは、自分の歯を残せれば残すことを第一としています。

インプラント治療のイメージ

骨がなくても大丈夫

当院では、「骨造成の特許」を取得した歯科医師が治療を行なっております。他院でインプラントを断られた患者様であっても、人工骨・自家骨を使うことで、インプラント治療が可能になります。

インプラント治療のイメージ

安心の10年保証

インプラントをさせていただいた、すべての患者様で10年の保証をさせていただいております。なお、保証適用には最低半年に一度の定期検診が必須となります。

インプラント治療のイメージ

完全個室での治療

インプラント手術は、清潔な環境下で、完全個室にて行います。

インプラント治療のイメージ

充実の院内設備

医療用空気清浄機、クラスB滅菌器(クラス最高峰、ドイツ製)、医療用器具すべての個別包装滅菌を行っております。

インプラント治療のイメージ

豊富な治療実績

大学でのインプラント、骨再生研究を継続し、卒業後17年に渡り、インプラント、骨造成の症例は多数に及びます。

治療費を見る